メガSinka-v3.14リリースしました

アップデート内容

1.トレールストップの使用を全廃しました

今までトレールストップを行っていた場面では成行決済となります。
ストップレベルを気にせずブローカーを選択できるようになりました。
バックテストで[配信レート相性とスプレッド]をご確認して下さるようお願いします。
バックテスト上で都合良過ぎる連続的な注文変更を行わない仕様となりましたので
バックテスト精度向上が期待できます。
トレールストップ全廃=バックテストデータ[s/l]は全て「1%損失」となります。
不明瞭だったSL頻度をブラウザ検索[s/l]することでチェック可能です。
2004年~2017年データでSL確率をチェックすると
USDJPY=2.76% EURUSD=3.43% EURJPY=8.40% という結果でした。
[相対DD%]だけでなく[SL確率]も確認して各通貨ペアのリスクをご判断下さい。
期待利益と損失リスクのバランスに注意してご利用下さい。
各社MT4で確認しても直近の成績改善を確認しました。
これまでよりも汎用性が向上できたのでは無いか?と思われます。

ご購入検討者の方へ

ご購入前に利用されたいブローカーでエラー無く利用できるかブログ右上ダウンロードバナーよりmyfx版をダウンロードして頂きバックテスト確認をして頂けると幸いです。バックテストにおいてブローカー制限はありません。

*FXTF10,000通貨コースでは稀に注文変更エラーが発生しておりましたが、トレールストップ廃止に伴いエラー発生要因が無くなりました。バックテストでご確認して頂きご利用可能となります。

2.今後のアップデート予定

今回のロジック変更に伴いより最適なパラメータとなるよう調整を予定しております。
また調整方法についても改善を行いバックテストから得られる統計データを活かした内容を実施予定です。

今後も改善策を検討し実行していきたいと考えております。
よろしくお願い致します